What’s OUTBACK

概要、沿革

概要、沿革

平成2年(1990) 

アウトバックトレーディング創業

同年

豪州SAFARI 4X4 ENGINEERING社(当時LUXON社)と取引開始、

日本で初めて「サファリシュノーケル」を輸入する。


平成4年(1992)

(有)アウトバックトレーディング設立


平成6年(1994)

ARB社と取引を開始。


平成7年(1995)

4X4用品として初の公認ターボを日本仕様向けに開発、

ラクソンターボ(LUXON TURBO)として発売開始。


平成8年(1996)

「TOKYO INTERNATIONAL RV SHOW '96」へ出展、

「サファリシュノーケル」が用品大賞グランプリを受賞。


同年

トヨタランドクルーザー95プラド(ディーゼル)用サスペンション、およびシュノーケル開発のため、

日本仕様車をオーストラリアへ持ち込み、15000キロのテスト走行を実施。


平成10年(1998)

国内ショップ様のご協力のもと、世界で初となるジムニー用エアロッカーをARB社と共同開発、

世界に先駆け、日本で先行販売を開始する。


平成14年(2002)

「有限会社アウトバックトレーディング」より「株式会社アウトバック」へ組織変更および社名変更、

現在に至る。

ページトップへ