Blog

アウトバック : 欲しい車が販売されていない、第8弾です。 (R51)

「欲しい車が販売されていない」 シリーズの第8弾です。

当面の間このシリーズは、日本メーカー製の車なのに日本国内では手に入らない車両を紹介していきます。
ただ、なま車両の写真では面白くないので ARB製品でフルドレスアップされた形の車両をご紹介していきます。

さて今回は、日産R51 パスファインダー(外国名) 

1986年から2002年まで 日本国内でも日産テラノとして販売されていました。

その後、日本国内では販売終了となりましたが、海外ではモデルチェンジして R51 パスファインダーとして継続販売されています。


初期型は WD21型(1986年-1995年)と呼ばれていて、 初めてクロカンフィールドでこの車が走っているところを見て驚きました。 

何が驚いたかと言うと、クロカン性能。 リアのサスペンションがすごく伸びて、当時クロカン車と言えばリーフスプリング車だけだったので そのリアの足の伸びと、乗り心地は別世界でした。

発売開始当時、僕の頭の中では、この車は乗用車系に振った四駆かと思っていました。

しかし実際に見たら、バリバリのクロカン車としても通用する、良い意味で予想を大きく裏切られた名車でした(*^.^*) 

2代目 R50型(1995年-2002年)は オフロードで見たことがないのでわかりません。 
誰か知っている方、補足コメントお願いします~!!
3代目 R51型(2004年から)は海外専用モデルで、ARB製品装着車の画像をアップします。
R50とか、51とか・・
この表記、自分のトシみたいで親近感わいてくる~(^^ゞ

この記事のURL

アウトバック : 欲しい車が販売されていない、第4弾です。 (D40)

欲しい車が販売されていない、第4弾です。

当面の間、このシリーズは、日本メーカー製の車なのに日本国内では手に入らない車両を紹介していきます。  ただ、なま車両の写真では面白くないので ARB製品でフルドレスアップされた形の車両をご紹介していこうと思います。

以前、ハイラックスピックアップを取り上げているので、ハイラックスと双璧の日産ピックアップトラック、 オーストラリアでは通称 ナバラと呼ばれています。


日本では D22を最後に日産ピックアップトラックの販売は終了しましたが、世界ではD40型にフルモデルチェンジして販売が続けられていますので D40のARB仕様車をご紹介します。

詳しい車両基本スペックはD40のWIKIが有りますのでご参照ください。


まず、御紹介したいのは、オーストラリアの世界遺産の一つ、フレーザーアイランドで撮影した写真です。 ここは、4WD天国と呼ばれている観光地で、一度は、4WDで走ってみたい場所です。

注目して頂きたいのは、シュノーケルがしっかりと機能しています。
シュノーケルの給気口の場所は、しっかりと計算して埃の入りにくい位置を選んでデザインされています。
常に砂が移動しているので、地面近くがボヤケて見えます。
この風紋を強調した写真撮影は、大変苦労した事と想像します。
ARBサハラバーを装着した場合の画像
ARBキャノピーを装着した後姿

この記事のURL

アウトバック : 欲しい車が販売されていない、第3弾です。

欲しい車が販売されていない、第3弾です。

このシリーズは、当面は、日本メーカー製の車なのに日本国内では手に入らない車両を紹介していきます。  ただ、なま車両の写真では面白くないので ARB製品でフルドレスアップされた形の車両をご紹介していくコーナーです。

前回は ランクル70シリーズだったので 今回はランクルのライバル・日産サファリ・Y62です。 
海外ではパトロールと呼ばれて、LC70同様、国内には無いピックアップもY61系で存在します。(表題の写真は豪州日産のホームページからいただきました。)

日産Y62 2010年2月から海外専用モデルとして生産が開始され、日産車体九州で生産されています。

サスペンションは 4輪独立ダブルウィッシュボーン、ロングホイールベースのみです。 Y61の前後コイルリジット車とは大きな変更となってます。

ARBでも このY62用のパーツを開発をしていますが、まだ、開発途中のパーツが多くて、なかなかご紹介できる写真が無くて探すのに苦労しました。
全てのパーツが出揃うまで、Y62の紹介を待とうかと考えましたが、先週にLC70の紹介をやっているので、全国の”サファリスト”に申し訳ないと思って、途中経過の様な形でもY62のARB仕様車のアップを決めました。

まだ、フィールドでの撮影さえ、実行されていないようで 心苦しいのですが、置き撮りの写真でご容赦ください。 ただし、この写真は本邦初公開です。

ARB・サハラバー
ARB・ウインチバー
オーストラリアでは ランクルと同じぐらいの数のサファリを見かけます。
週末ともなれば 沢山の荷物、キャンピングトレーラーやボートトレーラーを引いたサファリを見ます。 オーストラリア人の友人に聞くと、豪州ではLC100より150万円位安くY61が購入できるので選び易いのと、パワートレイン系の頑丈さで選ぶ人も多いようです。  Y60,Y61のフロントデフの大きさからも頑丈さがうかがい知れます。

この記事のURL

ページトップへ