Blog

ARBJACK (ARBジャッキ)

NEW

ARBジャッキについて紹介致します。



従来の製品は「操作が重い、危ない、場所を取るという3つの欠点がありました。 

しかしARBジャッキは、油圧式を採用し、「操作が軽い、安全、コンパクト」をベースに考えております。

従来の製品(48インチハイリフトジャッキ)は最大吊り上げが946mmでしたが、ARBジャッキは1230mmまで吊り上げることが可能になりました。また持ち上げ最大重量は従来製品の1.05tですが、ARBジャッキは2tまで可能になっております。重さとしましては従来の製品より軽量化されており10.5kgとなっております。



従来の製品より安全でとても使いやすいものとなっております~!

次に、ARBジャッキの様々な使い方を紹介したいと思います。

ARBジャッキはフロントバンパーを装着した方向けの商品と思われがちですが、実はそうではありません!!

工夫次第ではリアであったり、フェンダー部分であったり、またホイールにも使用することが可能です。このようにフロントバンパーを装着されてない方でもご使用することが可能です!!

ジャッキを降ろす時は、赤いレバーを操作することで、2段階の早さ(ゆっくり&早く)で行えるため、安全性にも配慮されています。


また、ワンポイントとしてジャッキの裏面にARBのスタンプが刻印されています。ジャッキを使った際、地面に刻印されます。

オプションの「ジャッキベース」についての紹介です。



ARBジャッキベースは、砂地や泥地などの柔らかい地面で、ジャッキを固定することができる優れものです。

総重量7tまで耐えられるオーバースペックで設計されているので、耐久性は問題ありません!!



また、ジャッキ本体の底面の裏に「ARB」の刻印があるということを前回ご紹介しましたが、

このジャッキベースの裏には、ジャッキ本体の底面にあるARBのロゴ刻印よりも、さらに大きな刻印があります。

ですので、使用した地面に、大きくARBのロゴが浮かび上がるというわけです!

これもまた、しゃれっ気が効いてますね😋

難所をクリアしたあと、気がついて見たら、地面にいくつもARBロゴが残っていた、なんて事もありそうですね

ARBジャッキベースは、ジャッキの使えるフィールドを広げてくれるアイテムです。

またARBジャッキには最後の画像のような専用ケースも付属しております!!

ご購入際は、最寄りの販売店様にご相談ください。よろしくお願いします!


ARBジャッキ : 発売中 オープン価格

ジャッキベース:近日発売 価格未定

この記事のURL

ARBステッカーのコピー品、偽物にご注意ください!!

NEW

最近、お客様からARBステッカーに関するお問合せが非常に増えてきております。

お客様のお話を要約しますと、

「従来のARBステッカーに比べてサイズが違う、色合いも違う」

「今までのARBステッカーは耐候性が良くて何年も貼っていたけれど、見るからに対候性が悪そうな品質に見えるが、貼って大丈夫なのか?」

というような内容でした。


その後も、同様のお問合せが続いため、調査のため弊社が在庫しているARBステッカーと、お客様がお持ちの問題のステッカーとを交換して比較してみたところ、確かにARBのステッカーに似てはいるものの、「ARB製のステッカーではなく、コピー品」であると判りました。

ですので、もしこのステッカーを車体などに貼ってしまわれていたら、おそらく耐候性等で不具合が出るであろうと推測されます。


何より、愛車にコピー品のステッカーを貼らせるという事は、オーナー様に対し、愛車を大切になさっている心への冒涜に他なりません。


弊社は、ARB社と取引を開始して30年間、ARBというブランドイメージを、この日本で「一」から育て、ARBを日本国内で絶対的なブランドとして、大切に築いてまいりましたが、、、

このような偽物ステッカーまで出回る事に対し、非常に残念でなりません。


大切なお客様、くれぐれも粗悪なコピー品のステッカーにはご注意くださいますよう、お願いします。

不安な方は、お問合せください。



冒頭に掲載の画像: 上はコピー品、 下がARB製(本物)

下記に掲載の画像: すべてコピー品

この記事のURL

BP-51 オールドマン・エミュー・ショック

ARB社が 長年、オールドマン・エミュー・サスペンションシステムを開発してきて、集大成ともいえるショックアブソーバーが このBP-51ショップアブソーバーです。

ショック内にバイパス経路を設けることによって 伸び側、縮み側の両方の減衰率を独立して変更できる所が全く新しい技術と言えます。

例えば、オフロードフィールドまで舗装道路走るときは 通常のお気に入りの減衰力。
オフロードに入るときは オフロード専用の減衰力とすることが可能です。
そして 帰路は 再び お好みのオンロード設定に変更が可能です。

実はこれは 凄い事で、付属のレバーで簡単に 伸び縮の減衰力をその場で変更することが可能となっています。


装着も車種専用で その車種専用のブラケットにより別体リザーバータンクも簡単に取り付けが可能になっています。

また 弊社の取引先の販売店様が ノーマルサスペンションの再販LC76に装着した時のインプレッションを FACEBOOKに投稿されていたので、許可を頂いてURLを張らしていただきました。

CDPシズオカ様のFACEBOOK

ノーマルサスペンションに装着しても 劇的な乗り心地の改善がみられるとのことですので 30年近く、ARB社の日本正規代理店として、オールドマン・エミューサスペンションを取り扱ってきた弊社も 目から鱗の驚きでした。

この記事のURL

創業30周年 ありがとうございます。

2019年3月3日、お陰さまで弊社は、創業30周年を迎えることが出来ました。

これもひとえに、全国のお客様と販売店様のご支援、ご愛顧の賜物と深く御礼申し上げます。


ここに、30年の歩みを簡単に紹介させて頂きます。


===

平成2年(1990)創業


平成4年(1992) 豪州ラクソン社と日本正規代理店契約を開始、日本で初めて「サファリシュノーケル」を輸入。


平成6年(1994) ARB社と日本正規代理店契約を開始。


平成8年(1996) L/C95プラド(ディーゼル)のサスペンションをARB社と共同開発、シューノーケルをラクソン社と開発。


平成10年(1998) 世界初となるジムニー用エアロッカーを、ARBと共同開発。


平成28年(2016) ラクソン社と、日本仕様L/C76・79(再販)シュノーケルの開発に全面協力。


平成30年(2018) AVM社と、ランクル・パワーロッキングハブ交換用マニュアルハブを共同開発。



以後、現在に至ります。


===


弊社は、お客様のご要望に応えるべく、これまで幾多の課題に挑んで参りました。


これらはひとえに、国内の販売店様のご協力なしでは底成し遂げられなかったことでありますと同時に、最終的にそれらの商品を「選んで」くださったお客様ひとりひとりのお陰と深謝しております。ありがとうございます。



今後も、皆様に喜んで頂けるような商品開発やキャンペーンなどを展開し、益々愛される企業を目指してまいります!!!

この記事のURL

MAXTRAX(マックストラックス)スノーアタック・アシストキャンペーン実施中!

ウィンターシーズン真っ盛り!

MAXTRAXをお得にGETできるチャンス!

MAXTRAXは、砂や雪をはじめ、やっかいな泥の道でも、タイヤの下に敷くことにより、裏側のラグ構造がしっかりと地面を噛み込み、タイヤの沈み込みを防止、クロカン走行をサポートする、頼れるアイテム。


1セット2枚入り

通常 税込38,880円を→ 税込30,000円 にて!
国内では、こちらが最安値でのご提供だと思います。


MAX TRAX社の協力のもと、直輸入の正規品だからこそ、実現できました。



詳細は下記で。

Yahoo shopping!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/outback-direct-shop/z6spdaszqs.html




この記事のURL

ページトップへ